マナカードリーディングクラス


ハワイの哲学・文化・歴史などの意味が込められた44枚のカードから

今のあなたに「今、一番必要なメッセージ」を読み解くカードリーディング

マナカードリーディングは、より幸せな方向へ向かうために「今の自分は何をしたらいいのか?」を教えてくれる“気づき”のセラピーです。

何か解決したいこと、克服したいこと、悩み、迷い…などがある時、マナカードが、より良い方向へ向かうためのヒントを与えてくれるでしょう。仕事や人間関係で悩んだ時、子育てや家族のこと、自分自身の迷いの解決に、マナカードは、優しい言葉でそっと背中を押してくれます。

当校のマナカードリーディングは、カードの意味を伝えるだけではなく、「相手の心を感じとる」心理カウンセリングの考え方、技法を多く含んだリーディング実践力を習得する4日間です。

個人の性格・心理・現在の状況・意志・希望する未来を重視してカードの意味を読み解く、当校オリジナルのメソッドで、“相手の心に届く”言葉の選び方、伝え方も学びます。私のこれまでのリーディング経験(1,000人以上)から感じていること、統計的なカードの読み解き方もお伝えしています。

以下、当校のレッスン内容の特徴について、重要ですのでお申し込み前に必ずご一読ください。

当校のマナカードリーディングの特徴
▶ マナカードの基本である、チャント・スプレッド(並べ方)・呼吸法についての
  レッスンはございません(通常、他のスクールではあると思います)
▶ 44枚のカードの意味については学びますが、カードの意味よりも実際のリーディングに
  活かせるカウンセリングスキルや心理的な読み取り方、伝え方(言葉の選び方)を重視
  しています。
▶ カードの並べ方は、フリースタイルです。カードをどのように並べても、何枚引いても、
  必要なメッセージが読みとれるようになることを目的としています。
▶ マナカードリーディングを通して「人生哲学(Aloha Spirit)」を学びます。

 

  詳細
対象 <このような方におすすめ>

 悩みや迷いを自分で解決できるようになりたい方
 日々の暮らしの中で、ヒントやメッセージを受け取りたい方
 心理カウンセリングやサロンでのコンサルテーションツールとして
 ハワイが好きな方
内容 ・マナカードとは
・マナカードの魅力
・マナカードの使い方(並べ方)
・リーディングの心構え
・リーディングのコツ
・相手の心理の捉え方
・質問のコツと言葉の選び方、伝え方
・リーディング手順
・44枚のカードの意味
・実践練習(自分をリーディングする・他者をリーディングする)
日時
【火曜クラス】6/2・16・30・7/7(昼食30分)10:00-14:00 全4回 満席
時間 3.5時間×4回=計14時間
会場 ユニコムプラザさがみはら(小田急線「相模大野駅」歩3分)
受講料 56,000円(銀行口座へ事前振り込み ※「スクール規約」をご確認ください)
持ち物 筆記用具マナカード
※【火曜クラス】ユニコムプラザさがみはら会場は、昼食持参
定員 4名様
講師 山中杏子(ハナグリーン星の学校 代表)
その他 *受講には、マナカードが必要です。事前にご準備をお願いいたします。
*受講料は指定銀行口座への事前振込制です(お申込みから2週間以内)
*受講料の2分割払い可(28,000円×2回)ご予約の際【備考欄】に
 分割払い希望と明記のこと
*万一、欠席された場合の振替受講については、こちらをご覧ください
ご予約